廃品回収業者の選び方と注意点

廃品回収を行っている業者はたくさんありますが、廃品回収を行うためには、都道府県や市区町村の許可が必要なります。
業者によっては許可を受けていない場合もありますので、廃品回収業者を選ぶ際には注意が必要です。
許可を受けている業者が回収してくれる不用となった品物には、どのような物があるのでしょうか。
主に、リサイクル券を必要とする家電を除いた物、また大型のリサイクル可能な家具、古紙等が挙げられます。
リサイクル券を必要とする家電は、リサイクル券を使用して、指定の家電量販店等に有料で引き取ってもらう事が全国的に決まっています。
これは家電リサイクル法に基づくもので、これに準じない業者は違法であることが分かります。
大型のリサイクル可能な家具等は多少壊れていても修理を行ってリサイクルショップ等の店頭に並ぶ事も珍しく無いようです。
古紙等は、そのほとんどが再生紙になるので、完全にリサイクルされる事が多いと思います。
都道府県や市区町村からの許可を受けていない業者と言うのは、基本的に何でも回収してくれたり、本来ならば無料で市区町村の指定のゴミの日に出せる物でも、有料で回収したりする事があります。
また、前述した通り、リサイクル券が必要な家電まで回収するようであれば、これは違法な業者であると判断する事が出来ます。
何かにつけて、有料にしてくる業者にも注意が必要です。
業者の中には、集合住宅等をターゲットにして、金券を配り、その分不用となった品を回収させてほしいと言う手口の業者もあるようです。
何もしていないのに、金券を受け取ると言うのもおかしな話なので、そう言った業者が回ってきた時には断る勇気を持ちましょう。
業者によっては違法な業者が存在する事に注意しながら、上手に廃品回収業者を利用するようにしたい物です。
また、自らも違法とならないような不用となった品物を、回収してもらうように心がける事が大切になると思います。